王子駅徒歩1分

ご予約はこちらから

03-3908-0556

お昼休みを除く、
診療時間内にお電話ください

認知症

診療時間 日・祝
10:00 - 13:00
15:00~19:00

・・・9:00‐15:00休診日木曜・日曜・祝日
《受付時間》
平日午前:12:30まで 午後:18:30まで
土曜14:30まで

認知症とは

認知症とは

認知症は、本人には記憶が途切れている(忘れている)という自覚がなく、生活に支障をきたしている症状です。もともと正常に働いていた脳の機能が低下し、物事を記憶する能力、時間や場所・人などを認知する能力に影響が出ているのですが、ご本人にはその自覚が十分にありません。そのため、ご家族の方などが気づいてから医療機関を受診することも多いようです。

このような症状にお気づきの方はご相談を

  • その日に食事をしたのかどうか思い出せない
  • その日に外出したのかどうか記憶にない
  • 財布やクレジットカードなど、大切なものを頻繁に失くすようになった
  • 何度も同じことを言ったり、聞いたりする
  • 慣れている場所なのに、道に迷うことがある
  • 自分が今いる場所が分からなくなることがある
  • 薬の管理が出来なくなった
  • 以前は好きだったことや、趣味に対する興味が薄れた
  • あてもなく辺りを徘徊し、元の場所(自宅など)に戻れなくなる
  • 鍋を焦がしたり、水道を閉め忘れたりすることが目立つ
  • 突然、怒り出したりする
  • 財布を盗まれたと言って騒ぐことがある

主な認知症の種類

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭型認知症

など

アルツハイマー型認知症

アミロイドβというタンパク質が脳に蓄積することにより、神経細胞が減少し、脳の萎縮が進行する病気です。一般的によく見られるタイプであり、認知症の患者の約6割を占めています。年齢が高くなるにつれて罹患者も増えますが、比較的に若い世代(40~50歳代)で発症する若年性アルツハイマー病もあります。

主な症状は、物忘れなどの「記憶障害」、時間や場所をうまく認識できなくなる「見当識障害」、計画的に物事を遂行できなくなる「実行機能障害」などです。

レビー小体型認知症

レビー小体というタンパク質が脳に蓄積することによって発症すると考えられています。実際には存在しないものが見える幻覚(幻視)のほか、人物誤認、動作が鈍くなる、転びやすくなる、などが症状が出現します。

前頭側頭型認知症

脳の前頭葉と側頭葉が徐々に萎縮していく疾患です。同じ行動を繰り返したり、自分勝手な行動をとるようになったり、言葉が上手く出ないようになったときは、この疾患が疑われます。認知症は加齢に伴って罹患者が増えることが多いのですが、前頭側頭型認知症の場合は65歳未満で発症することが多いと言われています。

認知症の治療方法

認知症を完治させる治療法はまだ開発されていません。そのため、症状を軽くし、進行速度を遅らせる治療を行います。この中には、大別して薬物療法と非薬物療法があります。

薬物療法においては、ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンなどが用いられます。これらはアルツハイマー型認知症に有効であり、認知機能の改善や認知機能障害の進行抑制が期待できます。

非薬物療法としては、適度に身体を動かす、好きだった音楽を聴く、絵を描く、過去の楽しかった出来事を思い出すことなどにより、脳の活性化に努めます。

OJI EKIMAE MENTAL CLINIC 王子駅前メンタルクリニック

クリニック名
王子駅前メンタルクリニック
診療科目
心療内科・精神科
院長名
本間 久也
住所
東京都北区岸町1-3-1 伯清王子ビル4F
アクセス
東京メトロ南北線「王子」駅徒歩1分
京浜東北線「王子」駅徒歩1分
都電荒川線「王子駅前」駅 徒歩1分
都電荒川線「飛鳥山」駅 徒歩8分
お電話
03-3908-0556

お昼休みを除く、
診療時間内にお電話ください

地図
診療時間 日・祝
10:00 - 13:00
15:00~19:00

・・・9:00‐15:00休診日木曜・日曜・祝日
《受付時間》
平日午前:12:30まで 午後:18:30まで
土曜14:30まで